最古の化石とストロマトライト


 
現在もオーストラリアなどの温かい海の浅い干潟には、藍藻を主体とするマット状の膜が何層にも重なってマウンド上になったストロマとライトが見られる。表層マットの下は酸素に不足した環境になり、嫌気性細菌が生息できる。
ストロマトライトと考えられる化石は30億年より古い地層からも見つけられている。顕微鏡で化石を観察すると、現生の藍藻によく似た構造が見られる。
最古の化石として認められているのは、西オーストラリアのエイペクス・チャート(34億5000万年+/-5000万年)に含まれる、原核生物の化石とされている。

真核生物の細胞膜に存在する物質が変質して出来たステアロンを、北西オーストラリアのピルバラの27億年前の地層から検出したという報告もあるが、まだ追認が求められている段階のようである。


真核生物に進化するまでの生命の歴史を簡単にまとめておこう。

生物進化系統図も参照して下さい。

関連図書


リンク:
The National Museum of Natural History - Smithsonian Institution
グランドキャニヨンでもストロマトライトがみられる!
始生代の地質および生命史(カリフォルニア大学バークレイ校のMuseum of Paleontologyの中のページ。)


「年代学いろいろ」に戻る